自分磨きノートの内容をわかりやすく解説

自分磨きノートの内容

自分磨きノート作ってますか?

自分磨きノートを実際に作ってみたいと思っても、内容ってどんなことを書けばいいんだろう?なんて考えてる人多いのではないでしょうか。

この記事では実際の自分磨きノートでは、
どういった内容を書いていけば良いのか、
わかりやすく説明していきます。

まずは目標のジャンルを知ろう!

磨くジャンルを知る

では、実際に自分磨きノートの内容はどのような物がいいのか。他記事でも説明している通り、自分磨きノートの書き方は自由です

自分の書きたい事を書きたいだけ書きましょう!

さて、あなたの書きたいことは
どんなジャンルですか?

「痩せたい」という意気込みなら”ダイエット系”、「精神的に強くなりたい」と思うなら、”メンタル系”、「もっと美人になりたい,キレイになりたい」であれば”外見”というジャンルになりますね。

それぞれ作っていくノートは違うので、
まずは大きなくくりのジャンルに分けることです。自分はどこのジャンルで自分磨きをしていくのか決めましょう。

そうすることで、
自分がどの分野で頑張っていくのかというのが明確になりモチベーションにもつながっていくからです。

  • ダイエット
  • メンタル
  • 外見
  • 勝負系:比較(「◯◯よりも▲▲▲になる」など)

先ほど挙げた以外でも、「◯◯ちゃんよりも綺麗になる」だったり「今(の自分)よりも可愛くなる」などの比較対象をつくり、自分のモチベーションを更に燃えさせる”勝負系”でも良いかもしれません。

理想の自分を作る

理想の自分

ジャンルが決まれば、次は最終的にどんな自分になっていたいかといった目標部分を決めることになります。

あなたの理想の自分はなんですか?

自分磨きの主役は名前の通り、
主役はあなたです。

最終的にたどりつきたい理想の自分を思い浮かべて、ノートを作成していきます。

自分がなりたい人物像は思い浮かんでいますか?「ハリウッド女優のような抜群のプロポーション」、「ピチピチのキレイな肌を持つ雑誌モデル」「誰にでも優しくできて性格のお手本となるような友人」。だれでも良いんです。自分の頭のなかで理想の人物を作ってみましょう。

難しければ絵に書いて具体化してみてもいいでしょう。会いに行って改めて自分の目標となる人物を再確認してみてもいいでしょう。

あとはノートに書くだけ!

ノートに書くだけ

ここまでくれば、あとは自分の記録を残すだけです。

ただし、後からあなたがその自分磨きノートを見返した時に、しっかりわかるように書かなければいけませんよ。

他の人がわからない内容でも良いですが、自分だけはそのノートの存在意義や意味、どういう事を学んだかはわかっていないといけません。

後々、自分磨きノートを見返した時に、
「自分はこんなに頑張っていたんだ」「これが出来たんだから今の自分もへこたれずに頑張れる」と、また勇気付けてくれたり、反省させてくれるような自分磨きノートが理想です。

あなたが自分磨きノートを作って、最終的に目標を達成できたとしても、褒めてくれる人は極わずかでしょう。

ただし、ここが重要で、自分磨きを達成した時、1番喜んで1番褒めてくれる存在は、紛れもなくその過程を頑張った自分自身です。自分で自分を認めてあげるという行動が自分を更に成長させてくれるものだと覚えておいて下さい。

自分磨きノートは作って
「はい、終わり」ではないんです。

作り終わり、目標も達成して、
その後も自分の人生のバイブルとして
長く長く、自分自身を
助けていってくれるツールが自分磨きノートです。

なので、自分磨きノートの内容は、
常に自分の事だけを考えて書くのがベストです

「自分の為のノート」

「自分勝手のノート」

「自己満足のノート」

これが自分磨きノートです。

更に成長できる、
意味のある自分磨きノートを
作っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です