泣くことで自分磨き

泣くことで自分磨きeye

泣くことで自分磨き

普段、学校や会社、生活の中で泣いていますか?

なかなか泣く機会って少ないですよね。

実は泣くことで得られる自分磨きの効果がすごいんです。

 

  • リラックス効果
  • 美容効果
  • ストレス発散

 

泣くだけでこの効果が得られるのはすごいですよね。

最近の研究では、笑う事よりも泣く事の方が

ストレス解消・リラックス効果が高いと言われています。

 

ストレスによって溜まってしまったコルチゾールを低下させ、

ストレスを軽減してくれる効果もあります。

 

更に、泣くことでの精神的なリラックス効果は、

一晩寝ることにも匹敵すると言われているので侮れませんね。

 

美容の面では、顔のむくみや小顔効果もあるとされています。

涙は流さないことで涙腺が詰まってしまいます。

しかし、泣くことによって、涙腺が清掃され循環が良くなります。

更に、余分な水分が排出されるので、

顔のむくみが取れたり、小顔効果があるとも言われています。

 

じゃあ、一体何で泣くのが良いのか。
後半は↓↓↓

 

オススメするのは【映画】です。

 

特に感動的な映画がオススメです。

映画を選ぶ時のポイントは、

自分の体験と重なりやすい内容の方が、感情移入しやすく自分磨きにも繋がり良いでしょう。

 

なぜ、感動する映画が良いのか。

泣くだけじゃダメなのか。

 

涙には、3種類の涙があります。

1つは、ドライアイ防止や角膜保護の為に

常に出ている基礎分泌の涙。

 

2つ目は、目にゴミが入った時や玉ねぎなどで出る反射の涙。
そして、最後の3つ目が、

悲しみや感動で流れる情動の涙です。

 

この3つ目の涙 “情動の涙”が、

とても重要で、心身をリラックスさせる力を持っているんです。

なので、感情で流れる涙は我慢せずに、思いっきり泣く事が大切なんです。

涙を我慢することは、発散させようとしてたストレスを、

あえて体に溜め込んでしまっていることになるからです。

 

なかなか泣けない女性の皆さんには朗報です。

女性には排卵前後がすっきり泣ける泣きどきがあります。

是非試してみてください。

 

最後に、みんな気になる、泣いた後のケア方法を教えます。

いくつかあるので自分に合った方法で実践してみてください。

 

  • アイスタオルと蒸しタオルを腫れが気になる部分に交互にあてる
  • まぶたの血液の流れを鈍らす。冷えたおしぼりでそっと冷やす
  • 熱いお湯にティーパックをつける。ティーパックの汁を絞ってまぶたに乗せ10分ほど温める

 

以上で、泣くことによって自分磨きになる方法です。

休みの日に実践できるので、是非試してみてくださいね。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です